Home > 覗いてみよう看護師の世界 > 夜勤が辛いときは仲間で乗り切れる!

夜勤が辛いときは仲間で乗り切れる!

男性 20代
泌尿器科1年、整形外科1年

私のこと

専門学校3年間卒業後、大学病院に就職しました。2年目の男性看護師です。
泌尿器科1年、整形外科1年勤務しています。

夜勤

夜勤は、16時半から翌日10時までです。
2交代制で、看護師4人で夜勤しています。

夜勤手当と回数

1回10,500円です。1ヶ月で5~6回夜勤があります。

休憩

2時間半でした。
休憩時間の過ごし方は日によりますが、仮眠をとることが多いです。
なかなか寝付けないときは、読書をしたりスマホゲームをして時間を潰していました。

ここが夜勤の魅力

患者さんが就寝後は、落ち着いている日はゆっくり椅子に座って業務をすることが出来る点は魅力的だと思います。
日勤よりも長時間勤務にはなりますが、身体的な疲労は少なく過ごすことが出来ます。

ここが夜勤の大変さ

夜勤帯に緊急入院や、急変の患者さんがいるとバタバタしてしまいます。
人数が少ない分、チームの連携がより必要になってくるので、日勤よりもハードになる場合があります。

夜勤は続けたい

看護師を続ける限りは夜勤をやっていこうと考えています。

自分の力不足を感じたとき

新人の頃、夜間せん妄の患者さんを受け持ちさせていただきました。
まだ数回程度しか夜勤の経験が無く、それまでは比較的落ち着いた患者さんを受け持ちさせていただいていた為、この患者さんの対応に困る場面が何度もありました。
どうして良いかわからず先輩の看護師に聞こうと思っても、夜勤は人数が少ないため、それぞれが大変忙しく、なかなか時間を作ってもらうことが出来ませんでした。
このようなことが何度かあり、自分の力不足を感じてしまうことがありました。

辛いときは仲間が大事!

私は看護師歴2年目で、まだまだ経験不足なことが多いです。
夜勤が辛いと感じ、悩んだこともありました。
そんなとき、頑張る力を与えてくれたのは同期や先輩看護師といった職場の仲間達でした。
悩みを一人で抱えこまず、誰かに相談してみると良いと思います。一緒に頑張っていきましょう。