Home > 覗いてみよう看護師の世界 > 幅広いスキルを身につけるなら混合病棟へ。

幅広いスキルを身につけるなら混合病棟へ。

女性 30代
外科内科混合病棟4年、産婦人科1年

私のこと

元看護師の主婦です。
急性期病院で5年間勤務し、結婚を機に退職。
現在は転勤族の夫を持ち、1歳の娘の子育て中です。

病院歴

大学病院で、成人の外科内科混合と産婦人科病棟で働きました。
また、民間病院でも外科内科混合の病棟で働きました。
オペ、意識障害、認知症や施設入所中の高齢者が多かったです。

私が身につけたスキル

混合だと幅広い知識が身に付きます。
外科は、ストーマや創傷のケア、ドレーンの管理などの特殊な技術が身につけられます。
また、ターミナルケアを行うこともしばしばです。
あとは、在宅での退院調整なども行ったりしていました。
様々なケースを学び、どのように在宅支援していくべきかコーディネートするスキルも勉強できました。

こんな資格がいい

WOC認定看護師、終末期看護認定看護師、退院調整専門看護師、など。

特有の看護業務って

外科回診、オペ出し、オペ迎え、ストーマケア、ドレーン管理。

オペは日によって忙しくも

休憩は日によってでした。
オペの日はかなり忙しく、残業は3時間くらいになることもありました。

どんな患者でも対応可

混合はオールマイティに患者さんを受け持つので、分からなければ詳しいスタッフに聞いたりしてました。
慣れればどんな患者でも恐れることなく対応できる力が身につくと思います。

慣れないと大変なことも

慣れないと患者層が幅広く、混乱してしまうことも。
外科は特に急性期なので、患者の目まぐるしい変化に対応していかなければなりません。
優先順位をつけて業務を行っていかないと大変です。

こんなところで働いてみたい

耳鼻科のクリニックです。
特に自分が鼻炎持ちで辛い経験をしているため、同じ思いをしている患者さんの役に立ちたいから。

科におすすめな人

明るくきびきび対応出来る人はオススメだと思います。

私が学んだこと

オペや重症の患者さんとその家族への寄り添い方を多く学べたと思います。