Home > 覗いてみよう看護師の世界 > 医者の気配がしない怪しい病院

医者の気配がしない怪しい病院

女性 30代
内科病棟4年、 ICU2年、 老健施設1年、 内科外科病棟7年

私のこと

大学病院の内科病棟に4年、私立グループ病院の外科病棟で2年、老健施設で1年、今は地域の中核病院の内科外科病棟に5年以上務めています。
主に病棟看護で働いています。

派遣のバイト先の病院

バイト先の病院は、高齢者がほとんどでした。
長期入院で、急性期の病院では入院継続困難であり、医療行為も必要な介護施設にも入れない患者さんの受け入れ先といった感じでした。

怪しい人員配置

とにかく医者の気配がしなかったです。
点滴や薬の処方は出ているけれど、日勤で働いていている医者を見なかったです。
看護師さんも常勤の看護師が少なく、ほとんど派遣でした。
派遣だらけの中で働く常勤の看護師さんたちは大変そうでした。
人員配置がとにかく怪しかったです。

ブラック病院で働いてるとしても

派遣だったので、あまり立ち入らないようにしていました。
他の看護師は、割り切って働いている人もいました。
自宅から通いやすいなど、物理的なメリットを重視して働いているようでした。

きれいごとだけではない

日本の医療事情からすると、きれいごとではいかないこともあると思います。
違う面から見るとブラックなのではないのかもしれません。
私が、いま勤めている地域の中核病院も若干怪しいです。
労働組合がないので、ボーナス率の公開はしなかったり、切迫での産休申請するも病休をくれないようです。
事務職はほとんどが派遣で、おじいちゃん先生は豊富でしたが、あまり役に立つ印象のない、肩書きだけが立派なお医者もいました。
労働基準法ギリギリでやっているようです。
自分の身を削るようなことがなければ、割り切るのも手だと思います。
ブラックだと思っていても、実はお給料がよかったりと、いろんなメリットデメリットが混在していると思います。
働いているとブラック感が薄れるので、違う病院に勤める看護師さんと交流し、自分の感覚をフラットにしておくべきだと思います。
とにかく働いていて辛いばかりなら一度疑ってみるといいかもしれません。
派遣などで、違う職場を覗くのもよいと思います。